押領司由紀Piano Trio

出演者情報 押領司由紀Trio
出演 11月11日(日)
13:00 吹田市立内本町コミュニティセンター
メンバー 押領司由紀(pf), 畠山令(b), 東敏之(ds)
ジャンル jazz
今後の活動紹介
作品
公式サイト https://blogs.yahoo.co.jp/yukioryurija

プロフィール

押領司由紀(Pf) yuki oryoji

幼少の頃からピアノに親しむ。短大卒業後、社会人となるが、ジャズに憧れ、本格的に勉強するために、
甲陽音楽学院コンテンポラリーミュージック専攻ジャズピアノ科に入学。卒業後、京阪神を中心にホテル、
ライブハウス、結婚式場などで、様々な編成のジャズコンボで定期的に演奏活動を行っている。
ポップス、ゴスペルのサポートで、CDのレコーディングやライブにも参加。
現在は自己のグループで活動を展開中。
東京や地方での演奏活動も行っている。

 

畠山 令(Bs) ryo hatakeyama

神戸出身ベーシスト18歳の時にエレクトリック・ベースを始め、
その後甲陽音楽学院 に入学し上山崎初美氏に師事、
ベースという楽器の持つ可能性を体得する。
ジャズの持つ即興性や音楽の広がりに感銘を受け
20歳でアコース ティック・ベースに転向し、
バークリー音楽大学に奨学金を得て入学。
在学中はR.Mahdi、 J.Lockwood氏らに師事、
また学生時代より 現地アメリカの数々のライブハウスで演奏する。
2006年から2009年にはRodney Whitakerに師事
卒業後に帰国し自己のグループを中心に
「ジャズの伝統を大切にしながら、新しくも個性のある音楽の 創作」
をモットーに活動している。
国内のみならずフランス、ルーマニア、台湾等でも演奏をする。
Taipei International Jazz Festival,Europa Fest, Tokushima Jazz Street,
Takatsuki Jazz Street等数多くのジャズフェスティバルに出演
Benny Green、Craig Handy、John Pizarreli、山中千尋 等、
著名アーテイストとの共演多数。

ウェブサイト www.ryohatakeyama.com

東敏之(Dr) toshiyuki azuma

1963年2月5日大阪府生まれ。
中学生の頃よりジャズを聴きはじめ、音楽に親しむ。
吹奏楽部にてテナー・サックスをはじめる。
高校生よりドラムに転向。22歳にでプロ入り。
京阪神の様々なグループで演奏を行う。
ピアニストの田村翼氏に認められ、六本木の老舗ライブハウス「アフターシックス」に同氏とレギュラー出演するため、上京。
約10ヶ月間同店で演奏。1991年ヴァイブ奏者の大井貴司氏のバンド「スーパーバイブレーション」に抜擢され、
全国ツアーやCD制作やテレビやラジオ出演を経験する。約3年間在籍。
1994年に大阪に戻り再び京阪神での活動を再開する。
現在は自己のトリオ、カルテットの他にUSENのスタジオワークもこなす。
演奏活動の他、大阪音楽大学・音楽専攻科の講師も務める。
2004年度第41回なにわ芸術祭第12回中山正治ジャズ大賞、新進音楽家新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞を受賞。

ウェブサイト https://ameblo.jp/jazzmaja/